Kahala logo

カハラ・マイルストーン & メモリー

歴史

ザ・カハラがオープンする1964年以前から、いくつかの重大な出来事がザ・カハラの展開に影響を与えてきました。ここでは今日のザ・カハラを作り上げる基礎となった重要なマイルストーンのいくつかをご紹介します。

1947年

都市プランナーのデイビッド・ウォルブリンクが、ワイアラエ・カハラのビショップ・エステートの土地の最適な利用方法を模索し、ゴルフコースを残して世界屈指のホテルをビーチに建設し、周囲の雰囲気を維持しながら引き立たせることを提案しました。

1959年

不動産投資家のチャーリー・ピッチは、ビショップ・エステートから土地を借り受けました。そこにはゴルフコースと反対側の15エーカーの土地も含まれていました。ピッチはロサンジェルスに飛び、友人のコンラッド・ヒルトンと対等な折半の取引をします。

1961年

チャーリー・ピッチはヒルトン・インターナショナル、ならびにロングビーチ建築家のキリングスワース、ブレイディ、スミスと契約を締結しました。建設はハワイの祈祷式典を経て翌年から開始されました。 

1964年

ホテルがオープンしました。アブラハム・アカカ牧師が各教の聖職者とともに祈祷式典を執り行いました。祝賀昼食会が島の伝統料理を取り入れたメニューで開催されました。

1968年

ドラマ「ハワイ5-0」が放送されると、ヘレン・ヘイズ、ブロデリック・クロフォード、ジェラルディン・ペイジ、ルーサー・アドラー、ヒューム・クローニン、ロレッタ・スウィット、マイク・ファレル、パット・モリタ、エド・フランダースなど、多くの著名人が当リゾートを訪れました。

1971年

マネジメントは、トレーナーのランディ・ルイスをミシシッピ州ガルフポートに派遣し、3頭のイルカ(ウク、ニホア、クイ)をホテルのラグーンに連れてこさせました。

1973年

ヒルトンはホテルの持株を抵当権所有者であるマサチューセッツの保険会社に売却しましたが、マネジメント契約は継続しました。

1981年

プルメリアビーチハウスがオープンしました。建設費用は35万ドルです。

1984年

20周年記念パーティーを開催し、レーガン大統領夫妻をお招きしました。

1985年

イギリスのチャールズ皇太子とダイアナ妃が来訪の折には側近のために100室が用意されました。

1996年

マンダリンオリエンタルホテルグループが40%の所有権とザ・カハラのマネジメントを請負ました。ホテルを休館にし、7500万ドルをかけて改装を行いました。新しい特別レストラン、ホクズもその際に完成しました。

2000年

ザ・ヴェランダが大々的にオープンしました。

2002年

プールとその周囲エリアを広範囲に改装し、ビーチサイドレストランのシーサイドグリルをオープンしました。

2003年

ザ・カハラ・スパが正式にオープンし、雑誌「Departures」で、アメリカベストニューホテルスパに選ばれました。

2005年

ザ・カハラ・ホテル & リゾートはカハラ・ホテル・インベスターズが取得し、The Leading Hotels of the Worldのメンバーとして独立したホテルとなりました。

2007年

ザ・カハラは5200万ドルをかけて全室改装に着手しました。

2013年

ナポリスタイルのイタリアンレストラン、アランチーノ・アット・ザ・カハラがオープンしました

2014年

ザ・カハラは、2014年1月22日(水)に50周年を祝いました。

2014年

日本全国で44軒の高級リゾートを運営するリゾートトラストが、2014年10月14日にザ・カハラ・ホテル&リゾートを2億9千万ドルで取得しました。この取得は同社のグローバル展開の第一歩で、今後アジア太平洋地域・域外で進めていく海外高級施設の拡大に、ザ・カハラは主力の海外施設としての役割を担うと見込んでいます。

2015年

50年以上の環境保全に対する取り組みが評価され、ハワイ州においてグリーンビジネス州知事賞を受賞しました。

2016年

新しい総支配人にジェラルド・グレノンを迎えました。

権威あるアメリカのワイン雑誌「ワイン・スペクテーター」と協賛のハワイでは初のワインイベントを開催しました。

2017年

1年以上もの月日をかけて完成された芸術品「ハーモニー・オブ・パラダイス」は、高さが約4メートル、幅が約2メートル、重さが約997キロのミソハギ科の樹木1本から掘られた傑作がロビーに飾られました。

フロントデスク、コンシェルジェ、店舗、スパ受付、プルメリアビーチハウスとシーサイドグリルの改修工事を完了し、新しくザ・カハラの数々のロゴアイテムを扱う「シグネチャー・アット・ザ・カハラ」を開店しました。